絶滅危機のアジアゾウが電線に接触し感電死、バングラデシュで

絶滅危機のアジアゾウが電線に接触し感電死、バングラデシュで

AFPによると、バングラデシュ南東部のテクナフで6月12日、国際資源保護連合(IUCN)指定の絶滅危惧種のアジアゾウが、高電圧の電線に接触して感電死したそうです。牙が1万ボルトの電線に接触したようです。


同記事によると、バングラデシュの同地域はコックスバザールを中心に、代々、ミャンマーとの間を往復するゾウの移動ルートとなっていたそうです。それが、イスラム系少数民族ロヒンギャ難民約100万人を収容するキャンプの造成で、ゾウと人間の接触が増え、命を落とすゾウや人間が増えているとのことです。




ダッカ市内でよく垂れ下がっている電線は、大丈夫かな?

バングラデシュ南東部はゾウが多いんですね。子供をつれて、一度は野生のゾウを見に行ってみたいです(‘ω’)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “絶滅危機のアジアゾウが電線に接触し感電死、バングラデシュで”

  • 最近、野生の象が死んでしまったニュースが多い気がしますね。
    野生動物との共生は難しいですね。

    たまに、ダッカの街中でも、象を連れた人を見かけることがありますが、ご覧になったことありますか?
    道を塞いで、お金を要求するので、カツアゲ象と呼ばれてますが(笑)

    • >RIEさん
      えーーーー!!!!!!
      ダッカの街中にもゾウは出現するんですか!?!?!?
      まだ見たことがないので、是非ゾウにカツアゲされてみたいです!!!!
      田舎のほうに行くと山羊とかも道端にいるんですよね? そういうところに行ってみたいです(*´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です