誘拐?3日間行方不明だったチッタゴンの記者を発見、意識不明の重体

誘拐?3日間行方不明だったチッタゴンの記者を発見、意識不明の重体

現地メディアによると、10月29日朝から行方不明になっていたチッタゴンの地元ニュースポータル記者Golam Sarwarさんが11月1日夜、チッタゴンのSitakunda upazilaで発見され、病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。Sarwarさんは、10月29日朝に自宅を出発してから行方不明になったようですが、その原因や、けがの状況などは明らかになっていません。一部メディアは、Sarwarさんが土地を巡るトラブルを抱えていたと報道しており、誘拐犯による犯行の可能性も示唆しています。





記者が行方不明!?(゚Д゚)

 

という衝撃的なニュースだったので、何かとんでもなく大きなネタを掴んだ記者を、政権が「死人に口なし」にしたのかと思いましたが、どうやらそのような話ではなく、私的なトラブルが原因のようです。





回復すればいいですが・・・。

薬などを嗅がされたのかな・・・??? バングラデシュは、たまにとんでもない事件が起きているような気がするので、注意が必要ですね(´・ω・`)





にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “誘拐?3日間行方不明だったチッタゴンの記者を発見、意識不明の重体”

  • 怖いですね…ガク((( ;゚Д゚)))ブル
    政府も、独裁政権なので、反対する人は何されるかわからないですが、プライベートでも、土地トラブルは大変だと聞いたことあります。日本だったら、例えば、父親が亡くなって、子供たちがその場に直ぐに駆けつけられなかったとしても、相続は遺言書などに則って、きちんとなされますが、バングラは、どうやらそうじゃないらしく。。。我が家がバングラ移住したのも、そういう事情もあってのことです。(義父は昨年他界しました)

    • >RIEさん
      こちらの遺産相続などを巡るトラブルはドロドロしてそうですね~!!
      トラブルになっても警察は介入してくれなさそうですし、自分たちで解決しないといけないから、大変そうですよねー(‘A`)
      そういう事情があったのですか~!! 日本人同士の結婚でもいろいろ大変なのに、国際結婚となると大変そうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です