警察を批判的に描写した疑い、ダッカ警察がバングラデシュ人映画監督らを逮捕

警察を批判的に描写した疑い、ダッカ警察がバングラデシュ人映画監督らを逮捕

AFPによると、攻撃的かつみだらな会話を含む映画作品を制作したとして、ダッカ首都圏警察が2020年12月25日、レイプ事件を扱ったバングラデシュ映画「Nabab LLB」の映画監督アノンノ・マムン(Anonno Mamun)容疑者(43歳)らを逮捕しました。同作品で警察が被害者を厳しく尋問する様子が描かれていることについて、警察は、「ドラマ内の警官は非常に攻撃的なしぐさやみだらな言葉を使って女性を尋問しており、健全な娯楽作品とは対極にある。警察に対する否定的な認識を一般に生じさせるものだ」と批判しているようです。








 同記事によると、同作品には、国民的スター俳優シャキブ・カーン(Shakib Khan)さんらが出演。架空の事件を通じて保守的なバングラデシュ社会でのレイプや女性に対する暴力、その被害者が受ける処遇などを描いているようです。2020年12月中旬、ストリーミング配信が始まっていました。








 マムン監督の他に、警官を演じた俳優のシャヒーン・ムリダ(Shaheen Mridha)さん(46歳)も、25日に逮捕されたそうです。2人は尋問シーンとは別の性的暴行を描いたシーンを巡り、「わいせつな内容を含んだ映像を制作した」罪に問われています。また、警察は、被害者を演じた女優のオルシタ・スポルシア(Orchita Sporshia)さん(27歳)の逮捕も視野に捜査しているようで、警察幹部は、「(同映画は)警察全体に対する侮辱だ」と語っているようです。








映画を見ていないので、どのくらいわいせつな内容を含んでいたのかわかりませんが、もし仮に警察批判に立腹して、映画監督や俳優を無理やり逮捕したのであれば、表現の自由の侵害につながる由々しき事態ですね(゚Д゚)








正月から書く内容ではないような気もしましたが、映画作品の内容が問題で映画監督や俳優が逮捕されるって珍しいような気がしたので、紹介させていただきました。




今年もどうぞよろしくお願いいたします(‘ω’)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です