2020年、世界最強のパスポートに日本が選ばれる‼バングラデシュは101位

2020年、世界最強のパスポートに日本が選ばれる‼バングラデシュは101位

英コンサルティング企業「ヘンリー・アンド・パートナーズ」が、各国の査証免除国・地域数を比較した2020年の「パスポート・ランキング」で、日本(査証免除数:191国・地域)が3年連続で1位となりました。18年と19年に日本とともに首位だったシンガポール(同190国・地域)は2位となり、日本が初の単独首位に躍り出ました。バングラデシュ(同41国・地域)は、過去最悪の101位でした。




このランキングは、2006年から毎年実施。今年は1位が日本、2位がシンガポール、3位がドイツと韓国(同189国・地域)でした。ワースト1位はアフガニスタン(同26国・地域)、ワースト2位はイラク(同28国・地域)、3位はシリア(同29国・地域)でした。同ランキングによると、日本のパスポート保持者は、世界中の191国・地域にビザなし、或いはアライバルビザで入国できるようです。




一方、バングラデシュはわずか41国・地域しか、ビザなし、或いはアライバルビザでの入国が認められていません。年々順位が下がっていますね。




パスポートによって、こんなにもビザなしで行ける国に差が出るなんて、知りませんでした。日本人で良かったです(‘ω’)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です