2020年のPM2.5平均濃度の高さランキング、バングラデシュ・ダッカは世界2位

2020年のPM2.5平均濃度の高さランキング、バングラデシュ・ダッカは世界2位

AFPによると、スイスのIQエアグループは3月16日、新型コロナウイルス流行によるロックダウン(都市封鎖)にもかかわらず、昨年多くの国で微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が世界保健機関の基準値を上回ったとする報告書を発表しました。2020年のPM2.5の平均濃度が高かった上位の都市は、1位が印ニューデリーで84マイクログラム、2位がバングラデシュ・ダッカの77マイクログラム、3位がインドネシア・ジャカルタだったようです。







国連は、PM2.5の濃度について、1日平均で1立方メートル当たり25マイクログラム、年平均で同10マイクログラムを超えてはならないとしているようです。







昨年のロックダウンで一時期は確実に改善がみられたようですが、とても短期間だったようです(’A`)

肌感覚としては、今年はすでに去年よりも悪化していると思われます(;´Д`) 

昨年のロックダウン中のダッカの空気がなつかしいです。あれは奇跡でしたね。










にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



4 thoughts on “2020年のPM2.5平均濃度の高さランキング、バングラデシュ・ダッカは世界2位”

  • pm2.5の順位が少し前までは1位中国、2位インド、3位メキシコ。4位2位がバングラデシュでしたが、堂々とバングラデシュが2位に輝いたということは工業が発達したということでしょうか。どちらにしても国が発展するためには避けて通れないのが辛いところです。

    • >ごーさん
      途上国の宿命ですかね。
      南アジアは大気汚染ひどすぎます。何かの記事で、大気汚染がひどいワースト50の都市のうち、42都市は南アジアの都市だと書いてあった気がしますw
      中国のように南アジアでも改善される日がくればいいですが・・・。まだまだ時間はかかりそうな気がします(’A`)

  • こんにちは!もうダッカは暑いんですね、蚊の問題は駆除もそうですし、デング熱ワクチンができるといきのに。コロナみたいに世界的にニーズが増えればどこかの製薬会社が作ってくれるのかしら、、。武田薬品が研究中っていうニュースを一年前くらいに聞いたのでですけど、どうなったのか??です。
    そして、大気汚染ですか、、心配ですね。
    ひばりさんに個人メッセージ送りますので、お手すきのときにお読みいただけますと幸いです!

    • >Yさん
      ダッカはもう夏です!!
      デング熱もこわいですよね。。。 何となくバリダラの蚊は大丈夫じゃないかな~と思っているのですが、油断は禁物ですね!
      赴任準備で大変だと思いますが、体調崩されないように気をつけてください!! 早く無事にダッカに到着されることをお祈り申し上げます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です