日本政府、全世界からの新規入国拒否へ

日本政府、全世界からの新規入国拒否へ

時事通信などによると、日本政府は12月26日、新型コロナウイルスの変異種が世界的に拡大していることなどを受け、全ての国・地域からの外国人の新規入国を拒否すると発表しました。期間は12月28日から来年1月末までのようです。







今回の措置は、バングラデシュで生活する日本人には影響は無いと思われます。ただし、バングラデシュで暮らす外国人で、新規で日本に行きたいと考えていた人たちは、当分行けなくなるようですね(゚Д゚)







世界中で感染者数が急増する現状を踏まえると、外国人を新規入国させないというのは妥当な措置ではないでしょうか。

日本ではすでに変異種が発見されていますし、諸外国に比べて、日本の対応はやや遅かったようにも思いますが・・・







早く、五輪の中止の発表もしてほしいです(´・ω・`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “日本政府、全世界からの新規入国拒否へ”

  • 日本はかなり感染拡大してますね。。。外国人の入国拒否がどのくらい功を奏するか。
    オリンピックとか到底無理でしょうと言う感じですが、ギリギリまで粘るつもりなんですかね??

    • >RIEさん
      本当にいつまで粘るんでしょうか・・・。ギリギリまで粘ると、アスリートの人たちが気の毒ですよね(´・ω・`) 
      島国なんだから、早めに鎖国すれば他の国よりも感染拡大を防げそうな気がするんですけどね~
      コロナ厄介すぎます( ;∀;)

RIE へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です