マンション警備員が中国人住民を殺害し、金品盗む@ダッカ・ボナニ地区

マンション警備員が中国人住民を殺害し、金品盗む@ダッカ・ボナニ地区

衝撃的なニュースが飛び込んできました。






現地メディアによると、ダッカの外国人街・ボナニ地区居住の中国人男性(47歳)を絞殺し、金品を盗んだとして、ダッカの警察は12月17日、男性が住むマンションの警備員二人を逮捕したようです。男性は裏庭に埋められ、男性の自宅からは34万9000タカ(約45万円)と携帯電話が盗まれていたとのことです。

ダッカ市内の地図

 ボナニ地区は、多くの外国人が住んでいるエリア。

 

 

 

「金持ちの生活ぶりを見てイライラし、『運命を変える』チャンスを探していた」



両容疑者は警察の取り調べに対し、そう言い放ったそうです。 この二人はマンションの屋上で暮らしていたようで、生活が苦しかったのかもしれないですが、違う方法で運命を変えてほしかったです。生活の安全を維持するための警備員が、逆に住人を殺害するなんて・・・





外国人は金持ちに見られがちですし、なるべく質素な生活を心がける必要がありますね。バングラは世界最貧国の一つと肝に銘じ、衣服等で目立たないようにし、現地に同化することを目標にしたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です