10月28日からバングラデシュ-インド間のフライト再開へ

10月28日からバングラデシュ-インド間のフライト再開へ

現地メディアによると、インドの国営航空会社「エア・インディア」やバングラデシュの国営航空会社「ビマン・バングラデシュ」、同国の民間航空会社「USバングラ」などは10月28日から、ダッカとインドを結ぶ定期便の運航再開を決定しました。ダッカからデリーやムンバイ、コルカタ、チェンナイ行きのフライトが復活するようです。





これによって、治療目的などで医療の発達しているインドに行く人が増えるかもしれないようです。隣国・インドに行けるようになるのは大きいですね(‘ω’)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “10月28日からバングラデシュ-インド間のフライト再開へ”

  • インドはバングラより感染が拡大してるので、両国の行き来が始まって、バングラの状況が悪化しないことを祈るばかりですね。

    インドは、私が10歳の時に初めて行った外国なので、思い入れはあります。ベタなタージマハルと、今はパキスタンとの紛争地域になってしまって立ち入れませんが、ヒマラヤの麓のカシミール地方がすごくきれいな所だったのが、今でも覚えています。バングラと違って、観光が発展しているので、日本人にも人気ですよねー

  • >RIEさん 
    初めて行った国がインドだったんですかー!! タージマハルは絶対に行ってみたいです(・∀・)
    あとはダージリン・ヒマラヤ鉄道「トイ・トレイン」に乗ってみたいんです!!! コロナは来年も収束しないような気がしてきたので、バングラ駐在中に旅行できるのか(?)怪しくなってきたようにも思いますが、この事態が早く好転することをお祈りするばかりです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です