「犠牲祭を前に、牛市場は買い物客で賑わう」ノートンバザール@ダッカ市

「犠牲祭を前に、牛市場は買い物客で賑わう」ノートンバザール@ダッカ市

イスラム教の祝日「イード・アル・アドハー(犠牲祭)」を前に、ダッカ市のノートンバザール(Notun bazar)では、牛や山羊を販売する特設会場が設置され、訪れた多くの買い物客でにぎわっています。







自分の死期を悟ったのか、必死に抵抗する牛さん(`;ω;´)







購入された牛たちは、強引に引っ張られ、次々にトラックに連れて行かれました。







このくらいのサイズは、大体1頭20万タカくらいのようです。







犠牲祭前には、特設の牛市場が各地で設けられるようです。







牛だけではなく、山羊たちも売られていました。このサイズは、1頭1万5000タカくらいのようです。 

牛と比べると、値段はだいぶお安いですし、牛よりもお利口さんな様子です。けど、美味しいのかな??







山羊市場もありました♪







今回のイードもノープラン♪ のんびりさせていただきます(ノ∀`)



















犠牲祭に関する過去記事もご参考まで。







◇Notun bazar

住  所: Dhaka 1212 バングラデシュ

営業時間: 不明

定 休 日 : 不明

TEL  :不明

URL   : 不明

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “「犠牲祭を前に、牛市場は買い物客で賑わう」ノートンバザール@ダッカ市”

  • 我が家も既に牛とヤギ買ってきましたよ。ガレージに繋いでありますが、家の中まで獣臭がします(^_^;)
    バングラのヤギ、臭いもなく、すっごく美味しいので、良かったら、我が家に食べにいらしてください(^^)

    • >RIEさん
      イードムバラク!!
      無事に牛さんの解体作業は終わりましたか?
      昨晩は家のまわりでモーモー、メーメー動物たちが泣いていました。山羊はさばく人の力量で臭みが出たりでなかったりするようですね。内臓を傷つけないよう
      にするのがコツのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。