コロナ陽性率が30%を超える、1月23日に、バングラデシュ

コロナ陽性率が30%を超える、1月23日に、バングラデシュ

現地メディアによると、1月23日にバングラデシュで新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数は1万906人となり、検査陽性率も31.29%に増えました。また、この日は新型コロナが原因で14人が亡くなったようです。陽性率がついに30%を超えました。別の記事で、専門家が「毎日の新しい症例数と検査陽性率は、少なくとも今後3週間は上昇し続けるでしょう」と話しており、ロックダウンも現実味を帯びてきました。







24日から2月6日までの期間は、公的機関や民間事務所は、定員の半分の人員で運営しなければならなくなったようです。が、どこまでチェックするのか・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “コロナ陽性率が30%を超える、1月23日に、バングラデシュ”

  • 前回のピークは32%でしたが果たして今回は!?20→30がわずか1週間とは速いですねー
    ロックダウンはどうせ効果ないので勘弁して欲しいです(‘д`;)
    もうここまでくればあとは全員感染して自然に収束するのを待つ他なさそうに思えます…

    • >カキマさん
      ロックダウンしてもあまり意味はないですよね~。
      バスとかを減らしてくれれば渋滞が減るのでありがたいですが・・・w
      そうですよね(‘A`)
      遅かれ早かれ感染することになりそうな雰囲気ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。