タイ国際航空がダッカ—バンコク間のフライトを再開

タイ国際航空がダッカ—バンコク間のフライトを再開

現地メディアによると、タイ国際航空は1月6日、バンコクーダッカ間のフライトを再開しました。これで、バングラデシュから日本に帰国する際に、タイ経由という選択肢が増えたことになります。







しっかりと確認できたわけではないですが、当面は1週間に1、2往復くらいしか飛ばないようです。

2020年春から運航が休止し、約2年ぶりの再開となったわけですが、今後の感染状況次第では、また休止する可能性もあるかもしれないですね(’A`)







なお、バングラデシュからタイに入国した場合は、隔離が必要のようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “タイ国際航空がダッカ—バンコク間のフライトを再開”

  • TGが再開したのは嬉しいニュースですね!
    まだ、入国は難しそうですが。
    次に一時帰国する際には、東方面経由で帰国したいです〜

    • >RIEさん
      あとはキャセイが再開して、香港経由が復活してくれれば最高です(*´з`)
      タイの隔離なし入国が早く始まってほしいですね♪ 
      中東経由は時間がかかりすぎますし、子連れにはかなりきついですよね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。