ダッカでよく見かける光景-婚礼用に装飾された乗用車-

ダッカでよく見かける光景-婚礼用に装飾された乗用車-

新型コロナウイルスの感染者が多かった時期には、バングラデシュ政府は結婚式を挙げることを許可していませんでしたが、最近はその反動なのか、結婚する人が多いような印象です。

昨年の年末も、婚礼によるイルミネーションをする家が多かったので、年末に結婚する人がそもそも多いのかもしれませんが・・・。







こちらでは、結婚する際は、乗用車に花やリボンのようなものを装飾し、ムードを高めます。

日本では見たことがありませんが、他の国でも同様の装飾を見たことがあるので、海外ではこうしたことをするのが主流なのかもしれません(・∀・)







上の画像の車は、装飾物のせいでナンバープレートが一部隠れてしまっていたので、日本の感覚からすると違反だと思われますが、こちらでは問題ないのかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “ダッカでよく見かける光景-婚礼用に装飾された乗用車-”

  • 元々、冬は結婚式シーズンなのですが、コロナで延期してたカップルが今年行なうケースが増えてるのかもしれませんね。
    そう言えば、3月に、ボンゴボンドゥの誕生日の日にバッティングしたため、国の指示で延期した親戚が居ましたが、その後どうなったのかなぁ。もう結婚はしてると思うので、披露宴だけこの冬にやるかもしれません。
    余談ですが、コロナ前とコロナになってからと、いくつも結婚式に出ましたが、やはり、結婚式は初々しいうちにやった方がいいなぁと思いました(笑)コロナの為に、もう既に入籍・同居していて、披露宴だけ一年後とかにやるケースは、花嫁花婿の初々しさが足りなかったです(^_^;)毎日暮らしてるのですから、当たり前ですけどね。普通、バングラの結婚式では、結婚式まで、お互いの顔をよく知らなかったり、二人っきりで会ったりもしてないケースが多いので。
    ひばりさんも、バングラの結婚式に行くチャンスがあったら、観察してみてください!!(^_-)

    • >RIEさん
      RIEさんもバングラ式の結婚式だったんですか??
      もうすぐ運転手の娘さんの結婚式があるようなので、もしかしたら披露宴に行けるかもしれません(・∀・) 
      最近、本当に結婚式の話をよく聞きます!空前の結婚ラッシュです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。