バングラデシュでの新型コロナによる行動制限、2月22日から全面解除へ

バングラデシュでの新型コロナによる行動制限、2月22日から全面解除へ

現地メディアによると、新型コロナウイルス感染症の変異株・オミクロン株の感染拡大を防ぐ目的で実施されていた様々な行動制限について、バングラデシュ政府は、2月22日からは全面解除すると発表しました。

20日には、検査陽性率が7.82%まで下降し、新規感染者数は1987人でした。







1か月前に発表された行動制限は、ほとんどが無視されていたんじゃないでしょうか( TДT)

バングラデシュでは、ワクチン接種証明書の提示を求められる機会がほとんどありません。偽造の証明書が出回っているので、チェックしても無駄と思っているのかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュでの新型コロナによる行動制限、2月22日から全面解除へ”

  • 行動制限、マスクですらしてない人がいっぱい居たので、意味なしてなかったですよね(笑)
    早めに撤回されてよかったです!

    学校も2/22から、無事に再開します!!(クラスにより、週3日や5日だったりはしますが)
    小学校は3/2から再開予定です(^^)
    今年はこのまま継続してほしいです。

    • >RIEさん
      学校も今回は割とあっさり再開してくれてよかったですね(・∀・)
      最初の時の1年以上閉めていたのは、いったい何だったのか・・・

      感染者数の増え方と減り方は、日本よりもバングラのほうが激しかったような気がします。対策をすればするほど、感染者が減り方が緩やかになってしまい、結果的に行動規制の期間が長くなってしまうのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。