バングラデシュのコロナ検査陽性率、1月17日に20%を超える

バングラデシュのコロナ検査陽性率、1月17日に20%を超える

現地メディアによると、1月17日にバングラデシュで新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数は6676人(前日5222人)となり、検査陽性率も20.88%(同17.82%)に増えました。また、この日は新型コロナが原因で10人(同8人)が亡くなったようです。

ついに陽性率が20%を超えてしまいました(;´Д`)







話は変わりますが、Yahooニュースで「海外からの水際対策、ルール違反者へ飲酒運転並みの罰則強化の声も。自主待機期間は10日間に短縮」というめちゃくちゃな記事を見つけました。

帰国者への扱いがひど過ぎますね。。。

帰国者イジメよりも、まずは日本の水際対策の穴となっている「米軍問題」を解決するのが先でしょう(;´Д`)

米軍の特権的な地位を認める日米地位協定を見直してからにしてほしいです~。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。