バングラデシュのノーベル平和賞受賞のユヌス氏、東京五輪開会式でオリンピック月桂冠賞を受賞

バングラデシュのノーベル平和賞受賞のユヌス氏、東京五輪開会式でオリンピック月桂冠賞を受賞

貧困層に無担保小口融資を行うグラミン銀行の創設者で、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス氏が、7月23日の東京五輪の開会式で、スポーツを通じて教育、文化、開発、平和に大きな成果を上げた人々を称える「オリンピック月桂冠賞」を受賞しました。







同賞は、2016年のリオ五輪から導入された制度で、ユヌス氏が二人目の受賞者となったようです。







開会式を見ていて驚いた人も多かったのではないでしょうか。(私だけ?w)

今後は、バングラデシュの政界にも進出するんですかね??(・∀・)







ちなみに、バングラデシュからは6選手が東京五輪に出場するようですね。

個人的には、北京五輪の開会式の時のような感動は無かったですが、ドローンの演出は素晴らしかったです。







このような最悪のタイミングでなければ、もっと心の底から東京五輪を楽しめたと思うので、そこはやはり残念すぎます。

これから、「選手村でまた陽性者が出た」「試合前の検査で陽性となり棄権」みたいなニュースをたくさん見ないといけなくなるんでしょうね~(‘A`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュのノーベル平和賞受賞のユヌス氏、東京五輪開会式でオリンピック月桂冠賞を受賞”

  • ユヌス博士、バングラデシュの誇りですね!!
    ハシナ首相とはあまり折り合いが良くないようで、反応もなく、残念ですが……
    私は、入場行進から、テレビで観たので、開会式前半は観れませんでしたー(T_T)
    バングラデシュでも、開会式全部放映されたのですか?

    今のタイミングでのオリンピック開催は、色々思うところはありますが、選手たちには頑張って欲しいですね!!!

    • >RIEさん
      ユヌス博士は、良い人オーラが全開ですよねww
      さすがノーベル平和賞受賞者だけはあります。
      ハシナ首相は、自分の地位を脅かす存在とみているんでしょうね。違うかな?
      ネット上やテレビなどでは、開会式の演出が酷評されていますね。。。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です