バングラデシュのハードロックダウンは、7月1日から開始へ

バングラデシュのハードロックダウンは、7月1日から開始へ

現地メディアによると、6月28日からバングラデシュで予定されていたハードロックダウンは、7月1日からの開始に変更されたようです。まだ詳細不明ですが、6月28日からも限定的に厳しくやっていくようですが、どうやらハードロックダウン中も工場は閉鎖されないようです。







メディアの確認不足のせいもあるのかもしれませんが、バングラデシュでは報道後に変更になることが多々ありますね。







別の記事によると、26日には、バングラデシュで新たに4334人の新型コロナウイルスの感染が確認され、77人が亡くなったようです。陽性率は、22.5%です。







6月26日は、複数のスーパーをまわり、大量に買い出しをしましたが、その時に我が家の運転手が、「ダッカの周囲の都市では、陽性率がめちゃくちゃ高くなっている。デルタ株は従来のよりも感染しやすいみたいだ」と教えてくれました。

ダッカで蔓延するのも、時間の問題な気がします(´・ω・`)







にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です