バングラデシュのバレンタイン事情

バングラデシュのバレンタイン事情

バングラデシュのバレンタイン、意外と盛り上がります。

高級ホテルやレストランでは、バレンタインの特別コースを提供する店も多いです(・∀・)

あと、バレンタインとは関係ないようですが、今年の2月14日は、バングラでは「ポヘラ・ファルグン」と呼ばれる日で、オレンジ色の服や小物などを身につける風習があるようです!! この日、街中を歩く女性たちは、いつもよりお洒落しているような気がしました♪







ユニマートではチョコレートの販売コーナーも!! 日本式のバレンタインが、バングラデシュにも存在するんですかね?







平常時よりもチョコレート商品の種類が多かったような・・・。







我が家の子供たちも、友達の女の子からプレゼントをもらえたようです(●´ω`●)ゞ

よかったよかった。゜(゜´Д`゜)゜。







にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュのバレンタイン事情”

  • バレンタインデーと12月31日の夜は騒ぐのに
    1月1日と4月13日(バングラ暦の大晦日)の夜は騒がないバングラ人…(゚д゚)
    4月14日のバングラ正月は国を挙げて朝から晩まで大ハシャギするのに
    大晦日はどうでもいい(-з-)らしいのは大変興味深い現象です
    大量に並ぶチョコレートはなんだったのでしょうね?日本人が入れ知恵したのかもw

    • >カキマさん
      バングラ人はやはりバレンタインに盛り上がるんですね~!
      もしや、ロマンチストが多いということなのか??
      バレンタインにチョコを贈る文化は、日本のお菓子会社が作り出した陰謀説もありますが、バングラのお菓子会社もそれに便乗したのかもしれないですね~w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。