バングラデシュのブリゴンガ川を運航しているロケット・スチーマー、約90年前に建造された老朽船が今も現役の奇跡!!

バングラデシュのブリゴンガ川を運航しているロケット・スチーマー、約90年前に建造された老朽船が今も現役の奇跡!!

1930年代に製造された老朽船が、ダッカ市を流れるブリゴンガ川を今ものんびり航行しています。

オレンジ色を基調にした船で、細長い楕円形の特徴的な外見です(‘ω’)ノ

元々は蒸気船として建造されたようですが、1980年代から1990年代にかけてディーゼル機関に換装されたようです。







当時はロケットのように速かったのかもしれませんが、現在の航行スピードはとてもゆっくりです♪

相当老朽化しているようなので、欠航も多く、航行頻度も少ないようです。この日は、偶然ショドル・ガットから見かけることができました!!







この船は、ダッカからクルナまで運航し、1等船室~3等船室まであるようで、船内では有料で食事もできるようです。

珍しい船なので、見かけることができるとラッキーな気持ちになれますよー♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュのブリゴンガ川を運航しているロケット・スチーマー、約90年前に建造された老朽船が今も現役の奇跡!!”

  • へぇ〜、こんな老朽船がまだ現役で頑張っているんですね!
    先日のフェリーの炎上のように(ヤフーニュースにもなってましたね)、安全第一が一番重要だと思う、バングラデシュ生活です。

    全く年末年始感はありませんが、28日に仕事納めでした。
    休みの間は、近場で買い物したりします。
    ひばりさんご家族も、良いお年をお迎えくださいね(^^)

    • >RIEさん
      こちらは大晦日感が本当に皆無ですね!
      いつものようにアザーンが流れ、多くの信者がモスクに行く、いつもと変わらない金曜日でした!
      今年も大変お世話になりました! 良いお年をお迎えください(‘ω’)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。