バングラデシュの新型コロナの感染状況改善傾向、新規感染者数は9日連続で減少、2月16日の検査陽性率は12.2%に

バングラデシュの新型コロナの感染状況改善傾向、新規感染者数は9日連続で減少、2月16日の検査陽性率は12.2%に

現地メディアによると、バングラデシュでは2月16日、新型コロナウイルスの新規感染者数は9日間連続で減少して3929人、同日に新型コロナが原因で15人が亡くなりました。検査陽性率は、12.2%でした。







今年の1月28日には、新規感染者数が1万5440人となり、検査陽性率が33.37%まで急上昇しましたが、それをピークに現在は急速に下降しています。

ほとんどの人がすでに抗体を獲得したのかもしれないですね(●´ω`●)ゞ

1月下旬は、周囲のみんなが体調悪かったので、どうなることかと思いましたが、それを乗り越えると案外あっけなかったです( ゚∀゚)







にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュの新型コロナの感染状況改善傾向、新規感染者数は9日連続で減少、2月16日の検査陽性率は12.2%に”

  • 猛スピードで上昇したかと思えばあっという間に下降し始めましたね陽性率
    これはもう“全員感染or曝露しましたよ”という意味なのでしょうか
    諸外国とほぼ同じ曲線を描いているので
    マスクも規制もワクチンも人種ももはや何も関係ないように思えてきます…(‘-ω-`)
    我が街オールドダッカではすでに”終わったこと”扱いで
    先日は久々に“結婚式のズンドコ車”が家の前を通りました( ゚∀゚)順応力高いですw

    • >カキマさん
      ジェットコースターのような急降下でしたね( `・∀・´)
      今回のオミクロンに関してはマスクはあまり意味なかったようです。
      オールドダッカではすでに平常化していたんですね∑(=゚ω゚=;) 
      次の変異株が出現するまでの束の間の休息かもしれませんが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。