バングラデシュの21日新規感染者、4636人を確認!陽性率は約20%

バングラデシュの21日新規感染者、4636人を確認!陽性率は約20%

現地メディアによると、バングラデシュでは、21日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数が4636人となり、陽性率は19.27%となりました。また、同日には新たに78人が亡くなりました。入院者が急増し、病床も埋まりつつあるようです。







また、別の記事によると、ダッカ発の長距離バスの運行が22日から停止することが決まったようです。







バングラデシュでは新型コロナウイルスの第3波が到来しています。まだまだ感染者数は増えそうな勢いですので、警戒が必要ですね!!

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュの21日新規感染者、4636人を確認!陽性率は約20%”

  • ダッカの周りの街は、軒並みロックダウンになったようですね。長距離バスやフェリーは止めたようですが、どうなることやら。飛行機の運行がまた全部止まるのも想定しておかないとですね。
    英国もまた、感染者が増えてきたようですし、アストラゼネカはデルタ株には効きにくいかも?ですね。怖いぃぃー(TдT)

    • >RIEさん
      アストロゼネカは、他のワクチンと比べても、あまり良い評判は聞かないですね。きっともう自然に抗体できていると思うので、このままでいいのかなぁと思っていますw
      中国やブラジル、欧州でも増えているみたいですし、東京都知事も過労でダウンしてしまったようですし・・・
      世界中が大変なことになってますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です