バングラデシュ政府、6月28日からの行動規制を発表

バングラデシュ政府、6月28日からの行動規制を発表

現地メディア日本国大使館によると、新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて、バングラデシュ政府(内閣府)は6月27日、28日からの新たな行動規制を発表しました。新たな行動規制は7月1日午前6時まで有効です。28日からはリキシャや物資輸送目的の車両以外の公共交通機関を停止させ、ショッピングモールやマーケット、娯楽施設なども営業できなくなったようです。







また、レストランは、店内での飲食はできませんが、デリバリーやテイクアウトだけであれば午前8時から午後8時まで営業できます。7月1日からは、更に厳しい行動規制を求める「ハードロックダウン」を実施する予定のようです。







27日の新規感染者数は5268人でしたが、死者数は過去最多の119人でした。




にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュ政府、6月28日からの行動規制を発表”

  • 前回4月のハードロックダウンの際と同様に、明日からは職場の車で送迎してもらえることになりました。我が家が一番遠いので、起点で、あちこち回っていくので、自家用車で行くより、朝が1時間早いんですが……頑張ります!!
    しばらくお休みもらってたので、あれこれ溜まっているから、ハードロックダウン前に、なるべくサッサとやらなくては。
    日本人学校は明日からリモートですか??

    • >RIEさん
      出勤だけでも大変ですね!! 渋滞が解消されて、少しでもスムーズに出勤できれば良いですが。。。
      バスがとまるだけでもだいぶ渋滞が緩和されますよね( ゚∀゚)
      日本人学校は7月1日からオンラインになる予定です。このまま夏休みまで再開しないのかもしれません(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です