バングラデシュ政府がオミクロン株の対策ガイドラインを発表

バングラデシュ政府がオミクロン株の対策ガイドラインを発表

現地メディアによると、バングラデシュ保健サービス総局が4日、レストランの定員制限やマスク着用の徹底、感染が確認された国からの渡航者の14日間の隔離などを盛り込んだ「新型コロナウイルスのオミクロン株への対策に関するガイドライン」を発表しました。今後、関係省庁が、このガイドランに沿って具体的な対策を講じる見込みです。







なお、ガイドラインでは、

▽オミクロン株の感染が確認された国からの渡航者に対する検査の実施

▽あらゆる集会の抑制

▽外出時のマスク着用の徹底

▽レストランの定員制限

▽感染が確認された国からの渡航者の14日間の隔離ーーーなどについて言及しています。








バングラのコロナ陽性率、新規感染者数ともに増加傾向

また、別の記事によると、4日に新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、775人(前日比101人増)でした。検査陽性率も前日の3.37%より高い、3.91%でした。新たな死者は6人でした。







このペースだと、今月中に1000人を超える可能性があるかもしれないですね~。急に加速した感じがします(´・ω・`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。