1月7日のコロナ陽性率が5%を超える、バングラデシュ

1月7日のコロナ陽性率が5%を超える、バングラデシュ

現地メディアによると、1月7日にバングラデシュで新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数は1146人(前日比6人増)となり、検査陽性率は5.67%でした。また、この日は新型コロナが原因で1人が亡くなったようです。







これだけ感染者が増えているのにも関わらず、バングラデシュ政府は「市中感染が確認された」と正式には発表していないようです。







日本は、一生懸命外国人の入国を原則禁止にするなどの措置を強化していましたが、結局米軍基地という<大穴>のせいで、これまでの痛みを伴う水際対策が無駄になってしまいましたね( ;∀;) 

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。