2021年の「イード・アル・フィトル」、バリダラ内の様子

2021年の「イード・アル・フィトル」、バリダラ内の様子

イード・ムバラク(‘ω’)ノ







この日は、とても静かで、車の数もかなり少なかったです。

車は少なかったのですが、なぜか馬がバリダラの豪邸の前で繋がれていました。「もしかして、今から馬の解体ショーが始まるのか!?」とも脳裏をよぎりましたが、結局どうなったのだろう・・・。謎です。







大きめのサイズの馬が公道をふさいでいて、結構邪魔でしたが、警察官は何事も無いかのように通りすぎていきました。馬が公道にウンチをまき散らそうが、完全スルーです。







この日は、歩いている人のほとんどの男性が、パンジャビなどの民族衣装を着ていました。うちのアパートの警備員や管理人なども、色鮮やかなパンジャビを着ていて、今日が特別な日であることを実感しました。







また、アパートのオーナーが、珍しく家を訪れてきて、何事かと思いましたが、「イード・ムバラク」と言いながら、手料理をおすそ分けしてくれました♪







それがこちら♪ めちゃくちゃ美味しかったです(゚д゚)ウマー







デザートも♬ 手作りですかね??? 異文化を体験することができました(‘ω’)ノ







バリダラのセブンも、この日は閉店していました。店を閉じるのは、イードくらいかもしれません。

日本の正月みたいな感じですね。外国人にとってはやることないので、イードの時期は暇です。。。

来年のイードは、バングラを脱出し、タイなどの国に行くことができればいいですが・・・







にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “2021年の「イード・アル・フィトル」、バリダラ内の様子”

    • >RIEさん
      さすがに食用ではないですかー(ノ∀`)
      お金持ちが、金持ちをアピールしたかったのかもしれません。何台も高級車がとまっているような豪邸だったので!
      馬車って古風なところもあるんですね~♬ 今日もほとんどの店が閉まっていましたが、バリダラのセブンは開いていました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です