東京―ダッカ直行便再開へ 〜ビーマン・バングラデシュ航空が13年ぶりに〜

東京―ダッカ直行便再開へ 〜ビーマン・バングラデシュ航空が13年ぶりに〜

はじまして。

来年からダッカに駐在予定のOSHIZUです!!

今は、ダッカに持っていけない家具や服などの断捨離と、現地で入手困難な物を購入するなどして、赴任の準備を進めています。

現地に駐在している人たちのブログなどを通じて情報収集しているのですが、そもそもバングラに住んでいる日本人が少なくて・・・。 (‘Д’)〈現地ノ情報少ナスギルサー

今後は、備忘録のためにも、調べたことなどについて簡単に記録しようと思います♪

 

 

 

 

 

まずは、東京―ダッカの直行便について。

 

2019年12月14日現在、東京―ダッカ(バングラデシュの首都)の直行便は残念ながら、飛んでいません。

ただし、バングラデシュのナショナル・フラッグ・キャリア「ビーマン・バングラデシュ航空」が 2019年夏 、12月から2006年以来13年ぶりに成田―ダッカの直行便を再開させると発表したようです。が、現時点では再開しておらず、予定が遅れているようです。

参考) http://sky-budget.com/2019/10/05/biman-bangladesh-airlines-tokyo/

 

 

直行便の復活はとても楽しみですが、実際に再開したとしても、利用するかどうかは様子を見ることになりそうです。というのも、この国営航空会社は、昔から長時間の遅延は当たり前、機内のトイレは汚いなどの理由で、利用者からの評判がすこぶる悪いからです。最近はサービス面も、以前と比べるとだいぶ改善されてきているようですので、少しは期待してもいいのかもしれませんが・・・

とは言え、乗る乗らないは別として、直行便ができることは精神衛生上、とても喜ばしいことです。ぜひ、早期の実現を目指してほしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です